タイのメンソール系オイルがないと生きていけない【万能薬】

Processed with VSCO with fs4 preset
タイ

 

目を使いすぎて頭痛がする。首が凝りすぎて吐き気がする。なんだか気分が悪い。(そんなことで負けていられない)

別に気分悪くないけど気持ちを切り替えたい。リラックスしたい。

そんな時にサッと一瞬で心と体を整えることができるメンソール系オイルが大好き。

よしだ
マリオでいうハート(回復アイテム)みたいなものです。

各々香りの好みがあると思うけれど、今回はタイで手に入れることができる、私のお気に入りオイルを紹介します。

 

KHAOKHO TALAYPUのオイル ロールオン

KHAOKHO TALAYPU(カオコー・タレイプ)はオーガニックボディケアブランド。マッサージオイルやボディクリームが有名みたいで、ヤフオクやメルカリに売っていることもあります。

こういうロールオンタイプのオイルって古臭い昔ながらの香りがするものが多い印象なのですが、KHAOKHO TALAYPUは癖がなく優しいミントの香りがします。

香りを嗅ぐだけでも十分スッキリするのですが、私はこめかみや首裏に直接当ててゴリゴリマッサージすることが多いです。

よしだ
これで肩甲骨ゴリゴリと押し流すと超気持ちいいんだろうな・・・。今度誰かに頼もう。

バンコクMBKの東急スーパーにて購入。これがないと仕事をする気にならないくらい気に入っているので、次タイへ行ったら買いだめしてこなきゃいけないなと考えています。

 

SIANG PUREのオイル ロールオン

SIANG PURE(シアンピュア)はヤードムのブランド。中華系のおじさんがラベリングされているデザイン、超かっこいい。色使いも好みなので持っているとテンションが上がります。

ミントに少しだけシナモンが入っているようで、ほんの少し甘ったるく感じます。アジアのマッサージ店!というイメージ。タイガーバームの赤に似ている。

この子もロールオンタイプ。鼻から吸うタイプもあります。

POI-SIAN ヤードム 鼻スースー

ヤードムの定番、POI-SIAN(ポイシアン)。メンソールなどの清涼感のある香りを染み込ませたスティック状のアロマです。

使い方は、鼻の近くへ持って行きスースー吸い込むだけ。ミントの香りが広がって気分がスッキリ。中毒性が高いです。

タイ人にとってヤードムは定番品のようで、ヤードムを鼻に突っ込みながら作業している人を見かけたことがあります。鼻に突っ込みながら普通に会話する人もいるらしいです。

よしだ
エアアジアのお姉さんも機内でスースーしていました。

 

吸うだけではなく、原液を肌に塗る使い方も。

ヤードムのキャップとアダプターの2つを外すと液体タンクが出てきます。そこからチョンチョンと液体を指に塗布して、こめかみや肩などをマッサージするとよりスッキリしますよ。

塗り薬や鼻スースーの効能

今回紹介したものはすべて期待される効果が同じです。

・風邪と鼻づまり
・頭痛
・乗り物酔い
・軽度の筋肉痛
・虫刺され
・リフレッシュ効果
・肩こり

などなど。

香りや大きさ、デザインなどで選んでみてください。

あなたが少しでも健やかに過ごせますように。

 

▼最近、タイガーバームのヤードムが発売されたようです。

 

髪がツヤツヤになる!タイのおすすめシャンプー「サンシルク」はいいぞ

2018-10-01

iHerb(アイハーブ)のおすすめ日用品

2018-12-20