タイポップス探検家、山麓園太郎さんの書く文章が好き!

タイポップス

 

こんにちは!タイ人になりたいよしだ(@ysdasyk)です。

もしあなたが音楽とアジアが好きなら、タイポップス探検家でFMラジオDJの山麓園太郎さんの発信も要チェックですよ。

よしだ
タイ人ミュージシャンへのマニアックなインタビュー記事と、優しい語り口で綴るコラムは必見です。
読んで欲しい人
  • 音楽とアジアが好きな人
  • 好きなものを増やしたい人

 

山麓園太郎さんとは?

プロフィール

山麓 園太郎(さんろく えんたろう)

タイポップス探検家/ラジオDJ/ギタリスト

2012年、初めてのタイ旅行中に文房具屋のレジ前で売られていたCDをジャケ買い。1970~80年代の洋楽の残り香が漂うタイポップスの魅力にハマり、2015年から音楽評論家・小川真一さんのラジオ番組「ラビット・アワー」(やしの実FM・毎週木曜午後6時~)に時々ゲスト出演してタイポップスを紹介。タイ語は全く話せないが、放送用のトークネタとしてタイポップスのアーティストに中学英語で直接インタビューを申し込むようになると、これが逆にタイポップス業界で「私たちの音楽を紹介する不思議な日本人DJ」と注目を集め、その後訪れたタイ・インディーズの祭典である野外音楽フェス「Cat Expo」で数多くのミュージシャンと親交を持つ。2018年にはタイポップス好きが高じて「タイフェスティバル名古屋」にタイポップス界のスーパースターであるSTAMPを個人的に招聘。近年は日本国内のレコードレーベルやライブハウス、音楽フェスオーガナイザーとのコネクションを生かして来日公演やCDリリースのサポートをする傍ら、ブログを通じてアジアの音楽情報を日本に紹介している。

タイポップス探検家。その名の通り、定期的にタイへ訪れ、音楽を掘り、アーティストと交流しつつ、ラジオ番組出演やコラム執筆にてタイポップスの素晴らしさを日本に紹介しています。

私は園太郎さんが書くコラムのファンです。日本では数少ないタイ人ミュージシャンへのインタビュー記事もたくさんありますよ!

よしだ
まとめて本出版して欲しい・・・。

 

Facebookページで連載していたコラム「今週のタイポップ」

タイのCDパッケージのお話

 

タイのドリームポップバンド「JELLY ROCKET」へのインタビュー記事

 

ダークで色っぽいロックバンド「Fwends」へのインタビュー記事

 

ブログ「STUDIO MUSHROOM IRON | アジアの音楽をもっと日本に!」

現在はFacebookではなく、2018年12月からスタートしたブログをメインに情報発信を行っています。

(「ブログやってください!」と何度かお願いしたら開設してくれました。嬉しい!)

 

80年代シンセ・ポップへのオマージュが素晴らしいタイのバンド、POLYCATのNa(vo)と山下達郎について話す

切なく寄り添うタイポップ。Lukpeachは必ず「くる」

タイのポップスターと雑談する – TELEx TELEXs

 

園太郎さんの活動あれこれ

ライブのブッキング

今年開催されたタイフェスティバル in 名古屋に出演したタイの人気歌手STAMPですが、彼を名古屋に連れてきてくれたのは園太郎さん所属の事務所「Studio Mushroom Iron」なのです・・・!

よしだ
この頃の私はSTAMPをよく知りませんでした。行きたかった・・・。行くべきだった・・・。

 

 

ラジオDJ活動

園太郎さんはラジオDJです。音楽評論家・音楽ライターである小川真一さんのラジオ番組「ラビット・アワー (Rabbit Hour)」にてタイポップスを紹介しています。

園太郎さんがゲスト出演している回は必ず聴くべきです。あなたの好奇心の壁を壊してくれます。

(いつ出演するかは、「Studio Mushroom Iron」のFacebookページをチェックしてくださいね)

 

園太郎さんの活動を追いかけましょう!

「追いかけましょう!」と書くとストーカーみたいですね。笑

私はタイポップスはいいぞと発信するようになったのは今年に入ってからでして、まだまだ知らないことばかりです。園太郎さんのコラムを見て好きな音楽が増えました。

よしだ
全人類に読んで欲しいと思っています。

 

園太郎さんの最新情報、新着記事などの詳しい情報は「Studio Mushroom Iron」のFBページでみることができます。

 

 

 

Yuppadee

タイのインディポップスは名曲の宝庫!エレクトロ専門レーベル「CometRecordsBKK」のすすめ

2018-07-18

音楽が好きならバンコクのCDショップ「Nong taprachan」へ行こう!

2018-08-04