2018年によく聴いたタイポップスまとめ

タイ

 

こんにちは!タイポップスが好き、タイ人になりたいよしだ(@ysdasyk)です。

2018年はタイポップス の布教活動 について発信をはじめて、素敵な音楽にたくさん出会うことができました。そのなかでも、とくに聴きまくったタイポップスをまとめて紹介します。

よしだ
趣味趣向が丸わかりで少し恥ずかしい。

 

サクッと2018年を振り返ってみる

音楽が好きな人にタイポップスを提案したり

個性的でかっこいいタイの音楽を知ってほしい【タイポップス】

 

Twitterで企画を行い、参加してくれた33名の方にタイの音楽をレコメンドしてみたり

タイの名曲33選!TwitterでRT企画をやってみたら音楽がもっと好きになった話

 

タイの野外音楽フェスに参戦したり、大好きなミュージシャンにインタビューをしたりと楽しく過ごせました。

 

เรื่องของเรา (our story) / Da Endorphine

Da Endorphineは、あらゆるジャンルを華麗に歌いこなすカリスマ女性シンガー。「ヒット曲がありすぎて代表曲がない」と言われているそうです。(すごい褒め言葉ですね)

この曲はベスト盤を聴いて知りました。渋くて美しいこの曲に惚れてしまい、頭から離れません。助けて。

個人的に、彼女の歌の雰囲気はカナダ出身のシンガーソングライターSarah McLachlanに似ているなぁと感じます。静かで重たい感じが少しダブりますね。好き。

 

モードな雰囲気漂う彼女のInstagramも見ていると楽しくなります。

 

View this post on Instagram

 

🌹 CLASSIC | RED LIP 🌹

DA Endorphine 🌹さん(@daendorphine)がシェアした投稿 –

 

Not Mine / Lukpeach

タイのシンガーソングライターLukpeach。彼女の作る曲は不思議なんですよ、聴けば聴くほど好きになる魔力を持っています。

この曲を含む5曲入りEP「Lukpeach」は一時期繰り返し繰り返し聴いていましたね。そのなかでも好きなのが、隠れた名曲「Not Mine」です。静寂で神秘的で、深海に沈んでいる気分になる。この感覚が癖になってしまって何度も聴いてしまうという・・・。もう、麻薬ですね。

 

LukpeachのEP、ぜひ1曲目から通しで聴いていただきたいのでリンクを貼っておきますね。

Apple Music:Lukpeach – EP

Spotify:Lukpeach – EP

 

以前書いたインタビュー記事はこちら。ヴィンテージ古着とリップが好きなお洒落な女の子です。

勇気ある行動を重ねて生きていく。タイの新生歌手Lukpeachにインタビュー

 

Murderer (feat. Khan Thaitanium) / Golf Pichaya

タイのスーパースター、Golf Pichayaの新曲です。彼はアイドル出身でして、日本でもジャニーズとして活動していた時期があります。現在はタイを中心に俳優、歌手、デザイナー、クリエイターとして幅広く活動中。

4年ぶりの新曲です。もうね、待ちましたよ、待ったよ、たくさん。素敵だよゴルフ兄さん。(私は親愛を込めてゴルフ兄さんと呼んでいます)

あまり知られていませんが、彼は作曲、作詞、アレンジ、MVのディレクション、動画編集まで行なっているんですよね。カメラとか演出以外、政策のほとんどを彼が担当してる。すごくないですか・・・!ゴルフ兄さんも「自分の活動範囲の広さに引いた」とコメントしていました。笑

 

Golf Pichayaについてまとめた記事はこちら(おそらく日本一詳しい)

アジアの女子がメロメロ!タイのスーパースターゴルフの魅力【ゴルフ&マイクの現在】

 

เจอหน่อย (Journey) / SUMMER STOP

タイのインディーレーベルSmall room所属のバンド。

まるで蒸し暑い夕暮れのようなまったりロックを奏でるスペシャルな4人組です。2017年に発表された曲ですが、夏頃Cat Radio * で流れたのを聴いてハマりました。

*Cat Radio – タイのインディーズ音楽を垂れ流ししている素敵なネットラジオ

MVはややサイケデリックな仕様なので、真剣に観ると酔います。少し注意してくださいね。

 

รู้ดีว่าไม่ดี / Getsunova feat. Youngohm

タイの大人気ロックバンドGetsunovaと、新生ラッパーYOUNGOHMがコラボした曲。Getsunovaの渋くてクールなサウンドのちょうどいいところに、気だるいラップが乗っているのがとてもかっこいい。最高な気分。

 


ちなみにYOUNGOHMはタイのオーディション番組「Rap is now」出身のラッパーでして、THAIHOPというクルーのメンバーです。ヒップホップ流行ってますね。

 

PINK / De Flamingo

キラキラ系男子4人組のロックバンド。2016年頃からじわじわ人気が出たバンドみたいです。Facebookの投稿を遡る限り、デビューは2015年頃かしら?

彼らの音楽はキャッチーで勢いがあって少し尖っています。なんとな〜く、日本のアニソンっぽいなと感じます。(私だけかな・・・?)日本の90年代のリメイクのように思う。

「今年はアルバムを発表するよ」とFacebookに書いてあったのでとっても楽しみ!

 

ภาพจำ /Pop Pongkool

タイポップスを知りたくて、いろんなジャンルを聴きまくっていた時期に出会った曲。彼の癒しボイスははじめて聴いた時びっくりしました。曲が良いのか、声が良いのか・・・いや、どちらも良いのでしょう。

 

バンコクのナイトマーケットで偶然この曲をカバーしている演奏を聴いてグッときましたね。ああ、良い曲・・・。

甘い目眩 / Polycat

日本のシティポップに影響を受けまくっているタイのバンドPolycat。この曲は日本語で歌っています。

もともとはタイ語で歌っていた彼ら。「シティポップが好きなのになぜ日本語で歌わないのか?」ということで2017年に発表されたのがEP「土曜日のテレビ」。7曲中4曲が日本語歌詞でして、この曲はそのアルバムの4曲目に収録されています。

最近流行りのシティポップですが、1988年うまれの私は80年代に流行したシティポップを新しいもののように感じるんですよね。

なんとなくバブルの香りがするなぁ、シティーハンターっぽいなぁ(訳:TM NETWORKっぽいなぁ)、首都高ドライブしてシティホテルにチェックインするデートの雰囲気が漂っているなぁ、というのもわかるんですが、当時を生きていない私にとってシティポップは新しい音楽の括り。おしゃれサウンド。ラブ。

1958年うまれの父親にPolycatを紹介したところ、かなり懐かしく感じたみたい。シンセポップバンドTELEx TELEXsも青春を思い出すサウンドだと言ってましたね。それほど80年代の再現性が高いのだと思う。

 

そうそう、PolycatのボーカルNaさんと会えました。唯一無二感がすごかった。穏やかな王子様でした・・・。ステージではくるくる回るし、カリスマ性あふれて夢幻的でした。

11月バンコクで行われた野外音楽フェスCat Expoにて。 Photo : 山麓 園太郎さん(@entaro_sanroku

 

まとめ

昨年も良い音楽に出会えました!

家の中ではずっとタイのインディーズ専門ネットラジオ Cat Radioを垂れ流しにしていましたね。幸せ。生きていてよかった!

YouTubeをサーフィンして出会う音楽も良いけれど、私は音楽の出会いにも体温というか ドラマが欲しいです。

人からオススメしてもらったり、ライブの現場で一目惚れ(一聴き惚れ)してしまったり、CD屋さんでジャケ買いしたり・・・などという、できるだけ生々しい体験から好きなものを増やしたいですね。疲れた帰り道にフッとネットラジオで良い曲が流れてきて、それがたまたまそのときの心情にハマって忘れられなくなる、というのも良いな。

そういうわけなので、私はこの記事を読んでくれたあなたのお気に入り音楽が知りたいですね。もし気が向いたら、あなたのプレイリストを送ってくれると嬉しい。ほんっと、気が向いたらで良いので。

 

 

今年2019年も素敵な音楽に出会えますように。そして、少しでも多くの人にタイポップスのカッコよさが伝わると良いな。

 

Apple Music:タイ人になりたいよしだが2018年によく聴いた曲

Spotify:タイ人になりたいよしだが2018年によく聴いた曲

1.เรื่องของเรา (our story) / Da Endorphine

2.Not Mine / Lukpeach

3.Murderer (feat. Khan Thaitanium) / Golf Pichaya

4.เจอหน่อย (Journey) / SUMMER STOP

5.รู้ดีว่าไม่ดี / Getsunova feat. Youngohm

6.PINK / De Flamingo

7.ภาพจำ / Pop Pongkool

8.甘い目眩 / Polycat

 

▼アジアの音楽文化について考察している雑誌

 

▼2018年を振り返りつつ、考えつつ。

 

タイで人気のタイポップスまとめ【2018年12月】

2018.12.21

タイポップス探検家、山麓園太郎さんの書く文章が好き!

2018.11.24