アジアのポップスを聴き倒す会 タイ編 in 名古屋へ行ってきたよ

タイポップス

 

こんにちは!タイ人になりたいよしだ(@ysdasyk)です。

2020年2月9日(日)に愛知県名古屋市にて行われた、アジアの音楽ファンが集うイベント「アジアのポップスを聴き倒す会 タイ編 in 名古屋」へ行ってきました。参加された方、参加できなかった方、そしてちょっと興味がある方に向けて、参加レポートをお届けします!

 

 

毎回満員御礼の人気イベント。アジアのポップスを聴き倒す会とは?

「アジアのポップスを聴き倒す会」、通称 #アジポ会 とは、アジアの音楽ファンが集まり、良い音楽を掘ったり聴いたり情報交換をしたりするハピネスでラブリーな音楽イベントです。

アジポ会はこれまでに7回開催。台湾編、韓国編、インド編、タイ編、インドネシア編など、毎回テーマや国を変えて行われています。

いつもは東京で行われている人気イベントですが、今回はじめて名古屋で開催!!タイの音楽シーンにどっぷりハマっている方が愛知県に2人いらっしゃるということで、彼らをゲストスピーカーとしてお招きし、お話していただくことになりました。

よしだ
このファビュラスな知らせには、イベントが名古屋に来てくれない「名古屋飛ばし」でショックを受けるのに慣れつつあった名古屋人の心を潤し、歓声が上がったそうですよ。

 

トーク「なぜにこんなにおしゃれ&かっこいい音楽がタイで大増殖中??」

左から、山麓 園太郎さん、MOOLAさん Photo : STUDIO MUSHROOM IRON

ゲストスピーカーはタイ音楽探検家/ラジオDJの 山麓 園太郎さん(@entaro_sanroku)と、タイで6年間DJ活動をされていたタイカレー食堂ヤンガオの店主 MOOLAさん(@m_o_o_l_a)。おふたりとも音楽オタクでありながらタイのアーティストと数多くの親交を持ち、タイのかっこいい音楽や文化を日本に伝える活動も行っています。

イベントは名古屋市西区のタイカレー食堂ヤンガオ หยั่งเก่า (@yanggao_ngy)で行われました。

海外旅行やアジアの文化に興味がある方がたくさん集まり、会場は満員です。

 

来場者限定でタイポップス紹介ZINEも配布されました

 

さまざまな角度から、タイの音楽シーンを観て聴いてみる

まずはタイポップスの歴史からスタート。

現在タイで最大手レーベルであるGMM Grammy創立前の1970年代はどのような音楽が流行っていたのか?現地のラジオ番組はどんな雰囲気で何が流れていたのか?

YouTubeで曲を紹介しながらお話が進みます。

「海外の音楽がコピーされた海賊版がカオサン通りで売っていた時代もあったんだよ」「90年代に入ると音楽シーンの雰囲気や流行がガラッと変わってね」などなど。

よしだ
みなさん前のめりになって聴いてたのが印象的。

そしてタイで80年代ブームを巻き起こしたバンドPolycat(ポリキャット)のお話。キーボードの音色、ベースライン、MVの映像までなにもかもが完璧な80年代なアルバム「80Kisses」をレコード、CD、カセットテープが入ったバッグ現品と一緒に紹介。

 

一瞬で売り切れた激レア品POLYCAT – Facebook

 

タイで大流行中のアイドルについて

タイのレゲエについて(この曲、Shazamをしている人が多かったです)

そしてタイポップス界のレジェンド Cyndi Seui(シンディ・スイ)のベストアルバム発売告知&スペシャル動画初公開など

人気バンドのメンバーは家がどのへんで、あの人と知り合ったきっかけは道端で声をかけられて・・・などのエピソードも交えながら、内容もりだくさん。

よしだ
園太郎さんとMOOLAさん、会話の掛け合いが絶妙で大変面白かったです。打ち合わせしていないと聴いてびっくり。ひとつのトピックについてどんどん掘り下げていくものだから、気になることが増えていく・・・。

盛り上がりすぎていつまでも続きそうな時間でしたが、時間も過ぎているため一旦終わることに。

よしだ
ゲストスピーカーの園太郎さんが最後に話してくれた言葉が印象的でしたが、ここでは内緒にしておきましょう。

プロジェクターを投射するために暗くしていた会場がパッと明るくなり、タイポップスが流れる環境でゆるく交流する時間となりました。

 

アジポ会を名古屋で。夢が叶って嬉しいです

「アジポ会 タイ編 in 名古屋」運営メンバー  Photo : STUDIO MUSHROOM IRON

今回のイベント、じつは私がアジポ会 会長のYuki Leeさん(@yuki.yonghee)に「名古屋でアジポ会をやりたいです」と提案して実現しました。

イベント開催の半年前から企画・準備を進めていました。はじめてのことでした。欲しい人に情報が届くか(集客が)不安でしたが、イベント情報を広めてくれた親切な方たちのおかげで、、、情報は無事届いたようです。当日は予定していた定員を上回るたくさんの方に来ていただき、ハピネスな空間を作ることができました。

ひとりでは成し得ないことです。

勇気を出して来てくださった方、興味を持ってくれた方、情報をSNSで拡散してくれた方、情報を掲載してくれた各メディア様、入場料などについて相談に乗ってくれたぐーちゃん、運営メンバーのみなさん。ありがとうございました。

 

イベントの様子【動画】

よしだ
当日の様子をサクッと動画にまとめました。

 

イベントで流れた曲【プレイリスト】

✅Spotify

✅Apple Music

✅YouTube

 

アジアのポップスを聴き倒す会 関連情報

イベント開催情報はこちらから

  • Facebookページ

https://www.facebook.com/ajipokai/

過去のイベントレポート

  • 第3回 タイ編

アジアのポップスを聴き倒す会 タイ編へ行ってきたよ – タイ人になりたいよしだのブログ

  • 第4回 台湾編

参加レポ:5月18日開催!アジアのポップスを聴き倒す会は異文化の受け入れ体制バッチリの場だった! – Tapioca Milk Records

  • 第5回 韓国編

東京より愛を込めて。『アジアのポップスを聴き倒す会〜韓国編〜』参加レポ【A面】 | BUZZY ROOTS

アジポ会の裏側を語ろう。『アジアのポップスを聴き倒す会〜韓国編〜』参加レポ【B面】 | BUZZY ROOTS

ハッシュタグ

#アジアのポップスを聴き倒す会

#アジポ会

タイ編 in 名古屋 運営メンバー

Yuki Lee(アジポ会運営 / 会長)
Twitter : @yukiyonghee
Instagram : @yuki.yonghee
 

MOOLA(DJ / ヤンガオ店主 / ゲスト)
Twitter : mura0126
Instagram : @m_o_o_l_a
 

山麓 園太郎(タイ音楽探検家 /ラジオDJ / ゲスト)
Twitter : @entaro_sanroku
Instagram : @entaro_sanroku
 

naomi.(アジア音楽ブロガー)
Twitter : @naomi_tarachin
Instagram : @naomi.nagata
 

タイ人になりたいよしだ(アジポ会を名古屋でやりたいと言った人)
Twitter : @ysdasyk
Instagram : @ysdasyk
 

 

アジアのポップスを聴き倒す会 タイ編へ行ってきたよ

2019-03-26